背が伸びない原因はあなたにありですよ!!

Home  /   背が伸びない原因はあなたにありですよ!!

背が伸びない原因とはテレビを視ることやゲームをすることだと言えます。

テレビゲームの問題点とは睡眠を削ったり、夜眠れなくなることです。

成長にとって睡眠不足は大問題であり長く眠れる方が大きく成長できます。

そして屋内で遊びたがる子は部屋で遊びたがるので運動不足も背が伸び悩む要因になります。

食事の栄養バランスが足りない場合は低身長の要因を作っていることになります。

ここで言う栄養とは背丈を伸ばすために必要な栄養素のことです。

大事な成長する時期に偏った食事をすることは成長する機会を失わせる原因になりかねません。

大学生のための身長を伸ばすサプリ 

そして痩せるために食事を控えることも低身長の原因になる可能性が十分にあります。

栄養バランスが良い食事をすると背の伸びを阻害せずしっかりと成長できます。

成長する時期に背が伸びない原因は様々あると思いますが生活態度のせいであればその後良くなる場合もあります。

学生時代に成長ホルモンの分泌がなかなか来ない場合はそれ以後になることがありますが体内に問題があり成長ホルモンが放出されないと背丈が伸びません。

そして生活習慣が乱れている場合は成長ホルモンの出方が悪いです。

寝る時間が遅い睡眠時間が少ない場合は成長ホルモンが出るサイクルが構築できないかもしれません。

ニッポン人の平均の背丈の高さは止まったようです。

1948年に男性の平均身長が160センチだったものが2016年には170センチになっています。

近年では10cmも伸びがあったと言えるでしょう。

ところが最近は完全に頭打ちのようで平均値はほとんど変わりがありません。

そういったことでニホンジンの平均的な背は打ち止めだという話と、いや限界ではないと意見に分かれていて、どちらが正しいのかは誰も分かっていません。

第一次成長期は1歳から4歳までの時期を差していてこの間に赤ちゃんは身長が2倍になります。

これ以降は体の大きくなるスピードは緩やかになりますが多少は身長が伸びていくので全く伸びないということはありません。

その後身長が急に伸びだすのは10代になる直前でこれを第二次性徴期と言っています。

この時期が最も体が大きくなる時期で最後の段階になり、この後になると成長が余り見られなくなります。

背を伸ばすためには蛋白質と亜鉛が重要という話があります。

子供の頃はそれを毎食取ることがとても高い効果があるという話もあります。

そして運動することも効果があると言えますが実際には全員が全員そうでもないことが分かっています。

運動と言えばすぐにスポーツが思い浮かびますがお子さんが外で友達と遊ぶだけでも問題ないようです。

そして睡眠も影響が大きく、身長が大きい人のなかには何と一日平均10時間も寝ていたという調査もあります。

身長を大きくするためにプロテインは必要なのだろうか?サプリを使用することは間違いではないと言えます。

身長プロテインは今多くの商品が販売されていて迷うかもしれません。

ですが食事だけでは無理な場合もあるので自分に合ったサプリを選ぶことで身長を伸ばす補助にすることができます。

また体に問題がないことも確認してサプリメントを考慮するとgoodです。

身長と遺伝の関係性は考えているより低いと言われています。

遺伝が影響する確率はわずか25%しかないという話もあります。

でも疑問な点は多く、上背が大きい親の場合はその子供も同様である場合が多いと思います。

逆に背丈が小さい親からは身長が小さい子供が生まれることが多いです。

そういったことで自分が見た中では身長における遺伝の影響力は非常に高いと言わざるを得ません。

低身長の定義とは身長順に100人子供を並べた時の前から2人が低身長の定義になります。

そうだとすると低身長とは調べるグループの結果による話になります。

そういったことを身長が低い根拠としていますが調べ方によっては低身長にならないのではないかと思われます。

ですから低身長だと定義されてもすぐに治療をするべきだとは言えないでしょう。

もっとも著しく成長が無い場合は問題があるでしょう。

男女両方共18歳までで成長期が一区切り付くと捉えて良いです。

まあ、割合は低いですが大人になっても背が伸びていく人がいるので身長が低い人にもまだ可能性はあると言えます。

ただし20歳前には人間の背の高さはほぼ決まります。

成人までにいかに背を伸ばすかが問題と言えるでしょう。

そこでまともな情報により成長させる努力が必須であり間違ったことをしても余り意味はありません。